もろちゃん写日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2018-2019 冬の釣り旅in四国A【平成最後の大晦日に行く土讃線&土佐くろしお鉄道】

<<   作成日時 : 2019/01/12 20:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018年12月31日

昨晩乗車した下り「サンライズ瀬戸」。おはよう放送で目が覚めます。やがてまだ真っ暗な岡山に定刻到着。
画像

いや〜よく寝た。寝ぼけていたせいか写真はピンボケですが、ホームにはタラコ色のキハ47の姿。「出雲」との解結作業が終わり、「瀬戸」岡山を定刻発車。まだ外は暗いままなので自分は二度寝。
画像

6時52分、児島。ようやく外が白み始めてきたところで起床。児島を発車しトンネルをくぐり抜けると、そこは瀬戸大橋。
画像

下り「サンライズ瀬戸」から眺める瀬戸内海の車窓。
画像

「出雲」に比べて乗車時間は短いですが、自分には「出雲」以上に非日常を感じさせてくれる瀬戸大橋の車窓。この車窓がいつまでも続いてくれるといいですが、285系も登場から20年。先の事を考えたくなくなる。
画像

瀬戸大橋を渡ると、いつものようにモコモコとした山の姿。讃岐富士と呼ばれる飯野山は真ん中でしょうか。
画像

坂出を過ぎ予讃線に入ったところできれいな大晦日の夜明け。しかし「瀬戸」の乗車時間はあとわずか。毎回思うけど、あっと言う間だったな〜。
画像

定刻7時27分、終点高松到着。今回はシングル1階でしたが、慣れてしまえば低い目線の車窓も違和感なくなり、また確かに揺れが少ないことも実感。でも、やっぱり自分には2階の方が合ってるな。
さて四国の暖かさは如何ほどか?と下車すると、寒い!高松寒い!年末寒波の影響は四国にも。これはやっぱり釣りより温泉だったか。予想外の寒さに滅入りながらも、次の列車まで一旦改札を出て、高松での恒例行事に向かいます。
画像

JR四国の車両達と並ぶ「サンライズ瀬戸」。今回も楽しい9時間27分だった。また帰りにお世話になる予定。
画像

恒例行事とはもちろん讃岐うどん。今回も駅前の「めりけんや」さんに入ります。ちなみに自分のきっぷのように東京都区内→窪川だと、高松で改札を出るには宇多津‐高松間の往復運賃が必要になります。改札内に連絡船うどんもありますが、自分はだいたい改札を出て外にうどんを食べに行く。時間があればもっと色んなうどん屋さん巡りもしたいところですが、乗り換え時間1時間だとめりけんやさんが最適。
画像

店内は大晦日の早朝だというのに結構なレジ待ち列。自分はぶっかけうどん+半熟卵天を注文。あ〜美味い。昨夜も「サンライズ」車内でビール飲みすぎたので、うどんがやや疲れた胃にやさしく染み渡る。
画像

うどんを満喫し高松駅へ。次に乗るのは「しまんと5号」。
画像

2000系2両編成で高松‐高知を結びます。定刻8時25分に発車。車内は空いていてゆったりしてます。
画像

すぐに車掌さんの検札。2両編成ながら走りはすこぶるパワフル。振り子で車体を傾けながらカーブが多い土讃線を爆走します。そしてこちらの2000系、窓が大きくて眺めがすごくいい。
画像

車窓に吉野川が見えると間もなく阿波池田に到着。
画像

阿波池田を出ると険しい山岳地帯に入り、絶景の小歩危峡・大歩危峡を走行。断崖絶壁を走るこの区間、本当によくここに鉄道を通してくれたと思います。「ここから約7kmの区間が土讃線で最も景色が良い区間です」というおなじみの自動放送が流れます。そしてこの区間、沿線にチラホラと雪があり、さらに山の上はかなり白くなっている。四国で雪を見るとは思わなかった。
画像

定刻10時37分、終点高知到着。高松のみならず、高知も寒い!暖冬を想定した冬の四国釣り遠征、これは本格的にヤバくなってきた。
画像

路面電車が走る高知の街。ちょっと散策したくなりますが、今日はさらに高知の奥地、宿毛へと向かうのでホームから眺めるだけ。
画像

次に乗るのは約1時間の待ち合わせ「南風3号アンパンマン列車」中村行き。2019年3月ダイヤ改正で「南風」は中村・宿毛直通が無くなり全て高知止まりとなる模様。高知から先は今まで通り「あしずり」がありますが、やはり直通が無くなるのは不便。特に岡山‐宿毛直通の「南風」は所要5時間もありなかなかの長距離便でしたが、在来線特急はどんどん短距離化されてしまう。
画像

11時31分「南風3号」到着。自分は指定席の2号車に乗車。高知で多くの下車がありましたが乗車も多く、車内はまだ乗車率80%くらい。
画像

定刻に高知を発車。さっそくビールタイム。あ〜最高。
画像

水質日本一の仁淀川を渡ります。仁淀川もそうですが、高知の川はどこも本当に水がきれい。
画像

12時20分、須崎に到着。この辺りから時々車窓にきれいな海が見えるようになります。
画像

窪川から土佐くろしお鉄道に入ります。土佐佐賀を過ぎるとしばらくオーシャンビューの車窓。
画像

南国の海、という感じのきれいな景色。でも寒いんでしょうけど。
画像

後川が見えてくると、中村はもうすぐ。
画像

13時25分頃、終点中村到着。間髪いれずに乗り換え。
画像

13時30分発の普通宿毛行き。単行の車内は満員で、立ったまま定刻に中村を発車。
画像

すぐに雄大な四万十川を渡ります。次の具同でロングシートが空いたので着席。のどかな田園地帯を単行の気動車がのんびり進む。実にいい雰囲気。
画像

13時50分、平田到着。ここで下車。やっと着いた〜。
画像

降車時に「土佐くろおでかけきっぷ」を購入。500円で普通列車1日乗り放題。中村から宿毛まででも元がとれます。
画像

夏に釣りで何度か来た中筋川の平田エリア。次の汽車が来るまでの約2時間、ここで釣りします。23日に一応釣り納めはしてきましたが、今日が2018リアル釣り納め。狙うのは大晦日ブラックバス。小さくていいから1匹釣りたい。気になる寒さは、確かに寒いけど我慢できない寒さではなく全然釣り可能。一安心。
ポイントを探しながら歩きますが、夏と違い水量が少なく、その気になれる場所がなかなか見付からず。結局40分程探し歩いて、とある場所でバッグからパックロッドとリールを取り出し、タックルセッティングしてスタートフィッシング。川にルアーを投入します。帰り道を考えると、実質釣りができるのは45分くらいか。
日が当たればやはり南国、一気に暖かくなる。しかし風が吹くとやはり寒い。風吹くな〜と思っているところへ「コンコンッ」という感触。んっ?これはバイトか?一呼吸おいて合わせると、ロッドに生命感。よっしゃー、きた!しかしずいぶん軽いな。小さくてもいいからバスであることを願って一気にブッコ抜き!
画像

おっしゃー、小さいけど自身初の大晦日バス捕獲!20cm程の小バスながら今日の目標達成!このサイズのバスでこんなに喜べるとは。やっぱり釣りは楽しい。感謝して優しくリリース。
画像

そしてあっと言う間に45分が経過しストップフィッシング。リアル釣り納め完了。急いで片付けて駅に戻ります。夏もいいけど、冬の中筋川もまたきれいな景色。
画像

速足でなんとか駅に着くと、すぐに15時58分発の宿毛行き到着。汗かいてしまった。
画像

16時8分、終点宿毛到着。今年はここで年越し。
画像

スーパーで鰹のタタキとカップ年越しそば、そして大量のビールを購入しホテルにチェックイン。今日から5泊のロングステイでお世話になるのは「ホテルマツヤ」さん。
画像

普通のビジネスホテルですが、きれいで快適。そしてシングルBの部屋からは、きれいな宿毛湾の海が望めます。さっそくユニットバスの風呂に入浴剤を入れて冷えた体を温める。あ〜ジワ〜ンと染みる。
画像

風呂を上がり18時30分からは大晦日恒例「ガキの使い」。毎年楽しく見てるけど、今年はいっそうマンネリ化が進んだような気がするな。しかしなんだかんだで最後まで見てしまいましたが。

色々あった2018年が終了し、既に年が明けた午前1時に就寝。
明朝は起きるまで寝る。zzz…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2018-2019 冬の釣り旅in四国A【平成最後の大晦日に行く土讃線&土佐くろしお鉄道】 もろちゃん写日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる